fbpx

CASE事例紹介

  • HOME
  • 事例紹介
  • 【事例】ヘルスケアサービスの事業立ち上げ

【事例】ヘルスケアサービスの事業立ち上げ

クライアントは外資系大手生命保険会社。テクノロジーの進化により、保険領域が前提としていた「大数の法則」ではなく、ヘルスケアがデータ化されることによる新たなニーズを探ることを目的に新規事業開発プロジェクトが発足。新規事業により、新たな社会ニーズ、価値観に対応しつつ、既存ビジネスを変革させていく契機とすることが模索されていた。

ポイント

  • ポイント1

    初期段階においてターゲット像(ペルソナ)をどれだけ詳細化できるか

  • ポイント2

    デザインシンキング手法を用いて、どれだけの顧客理解にもとづきアイディエーションを行なえるか

  • ポイント3

    広範なサービス連携を想定して、いかに最適なビジネスパートナーを選定できるか

課 題

顧客への健康増進提供という付加価値サービスの構想は膨らむものの、具体的な顧客は誰なのか、また本当にそのサービスに対してニーズはあるのだろうかといったことが分からずにいた。

アドライトのアプローチ

サービスの内容を検討化する以前に、出発起点としてターゲットの詳細化、ペルソナの構築を実施。そこから導き出された人物像をもとに抱える課題を仮説ベースででもイメージ化しておくことで、後にプロジェクトメンバー各々が検討したサービスアイデアの具現化に貢献。以後のリーンなプロジェクト進行に貢献した。

効果・成果

現在、プロジェクトにおいては早期のサービスリリースを目指して、より詳細なサービス設計を実行中。

NEWSLETTER

イベント情報や最新記事等お届けします。
希望される方は登録ボタンを押下ください。