CASE事例紹介

0→11→10

【事例】事業部門主導による新規事業開発

クラウドを活用した新規プラットフォーム開発

日頃の営業活動において顧客と接している事業部門主導のもと、クラウド×アプリを活用したプラットフォームサービスを顧客ニーズをもとにコンセプトを発案し、事業化。事業構想からサービス開始まで約1年で完遂。

課 題

  • 課題1

    未経験の新規事業開発に挑戦しノウハウを獲得したい

  • 課題2

    プラットフォームをベースに既存サービスの拡販を目指したい

  • 課題3

    プロジェクト経験の少ないメンバーで進めたい

  • 課題4

    営業活動と兼務になるので効率よく進めたい

導入サービス

新規事業立ち上げ支援

イノベーションアイディアを創発・選定し、企画案から事業化までプロジェクトを推進していきます。

“サービスのベースコンセプト”にアドライト

カスタマージャーニーマップやリーンキャンバスモデルをはじめとした様々なフレームワークを活用し、顧客の感情や課題の見直しから提供できる価値を再定義しました。その後、財務計画や事業計画で実行すべき施策の立案まで完遂し、最終的に経営役員の承認を得て、実行フェーズへと移行しました。

効果・成果

事業構想の段階ではフレームワークを活用し、プロジェクト経験の少ないメンバーでも事業計画書を作成できるように。システム開発時、PMOとしてプロジェクトマネジメントの役割を担い、ベースコンセプトからのズレを修正。

クライアントの声

業種:東証一部上場・自動車関連

・新規事業開発の経験がないメンバーでもプロジェクトを完遂できた(営業部長)
・社内に潜在していた貴重な人材に気づけた(経営役員)

NEWSLETTER

イベント情報や最新記事等お届けします。
希望される方は登録ボタンを押下ください。