CASE事例紹介

  • HOME
  • 事例紹介
  • 複数事業部でのオープンイノベーションプロジェクト
0→11→1010→100

複数事業部でのオープンイノベーションプロジェクト

ベンチャー連携による事業化推進

複数の事業部の戦略・IT部門と横断的に連携。全社の経営計画と各事業部の事業戦略を踏まえ、新規サービス開発に向けた企画や協業先選定、PoCからサービス化までを支援。

課 題

  • 課題1

    異分野での新規事業を早く継続的に創出したい

  • 課題2

    最先端テクノロジーに精通したベンチャー企業等と連携したい

  • 課題3

    ベンチャーの文化や進め方を理解し、効果的に連携したい

  • 課題4

    精密情報が多く、限られた情報の中でも外部連携したい

導入サービス

ベンチャー連携プロジェクト支援

事業案の検討から協業先の選定、PoCやプロトタイピング作成の支援を行い、ベンチャー連携による事業化を支援。

“ベンチャー連携による事業化”にアドライト

異分野での新規事業において、技術系ベンチャー企業との連携による事業立ち上げをハンズオンで支援。オープンイノベーションで起こりがちな、大手企業とベンチャー間でのスピード・アプローチ・文脈等のギャップを調整・解消。各事業部で取り組みたいテーマを整理し事業計画を検討後、テーマに最適なベンチャー企業をアドライト独自のベンチャー企業データベース等から選定。PoC(Proof of Concept:コンセプト検証)から事業連携まで一体となり推進。

効果・成果

複数の事業部で新規事業が立ち上がり、新規事業立ち上げに携わったベンチャー企業と継続的なパートナーシップを築き、事業の発展を後押し。 新たな事業テーマについても、最適かつ品質の高いベンチャーとの連携を実現し、今では新たな事業開発手法として定着している。

クライアントの声

業種:東証一部上場・大手電気メーカー

・部署横断による連携は、第三者の力がないとなしえなかった(事業部長)
・ベンチャー業界での豊富な経験とネットワークに基づく目利き力を実感しました(プロジェクトリーダー)

NEWSLETTER

イベント情報や最新記事等お届けします。
希望される方は登録ボタンを押下ください。