CASE事例紹介

  • HOME
  • 事例紹介
  • 【事例】事業会社による公開型アクセラレーションプログラム
0→1

【事例】事業会社による公開型アクセラレーションプログラム

実践型アクセラレーションプログラム

新規領域での事業創出を命題にする部門に対し、「設計」「募集」「選定」「事業化」を支援。テーマの絞り込みやベンチャー企業との協業スキームの検討を踏まえ、プログラム全体を設計し、運用までサポート。

課 題

  • 課題1

    他にはない特徴的なアクセラレーションプログラムを作りたい

  • 課題2

    ベンチャー企業を熟知した視点で意見が欲しい

  • 課題3

    人手が足りず、企画から実施までトータルでサポートが必要

  • 課題4

    将来的には複数のプログラムを自前で行えるようになりたい

導入サービス

アクセラレーションプログラム企画・運営

国内外ベンチャーから公募し、事業共創を目指す企業アクセラレーションプログラムの企画・運営を行います。

“ベンチャー視点とビジネス的観点”にアドライト

「設計」「募集」「選定」「事業化」の4つのステップをトータルで支援。テーマを深堀して魅力的なプログラムを設計し、ベンチャー企業募集のPRやイベント主催、弊社が持つ国内外のネットワークから優良ベンチャー企業へ個別に声掛けも行いました。数多くの申込の中から目利き機能として選定を共に行い、ベンチャー企業数社との面談にも同席。最終的に選定されたベンチャー企業とのプロジェクトにPM(プロジェクトマネージャー)として入りました。

効果・成果

アクセラレーションプログラムが乱立する中、テーマを深堀してベンチャー企業にとってより魅力的なプログラムを設計し、数多くの申込を獲得。事業化を前提にしたPoC(Proof of Concept:コンセプト検証)まで進むチームが複数登場し、事業部門を巻き込んだオープンイノベーションの土台作りに寄与できました。

クライアントの声

業種:東証一部上場・システム開発

・ベンチャー企業の事情をよく知りつつ、大企業の事情も分かってくれて非常に頼もしかった(部長)
・ビジネス的な視点で鋭く事業アイディアに対して意見も言ってもらい、短期間でのブラッシュアップに繋がった(マネージャー)

NEWSLETTER

イベント情報や最新記事等お届けします。
希望される方は登録ボタンを押下ください。