fbpx

EVENTSイベント情報

  • HOME
  • イベント情報
  • 【8/19オンライン】「在宅医療QOLコラボレーション:帝人ファーマ×アドライト アクセラレータープログラム」説明会

2020.08.19

  • アクセラレータープログラム
  • スタートアップ
  • オープンイノベーション

【8/19オンライン】「在宅医療QOLコラボレーション:帝人ファーマ×アドライト アクセラレータープログラム」説明会

医療・非医療ベンチャーの皆さんとの共同事業等を推し進めます

超高齢化や地域間格差の拡大、生活習慣病などの慢性疾患を抱える患者さんの増加などにより、医療ニーズは多様化しています。このような中で患者さんの生活の質(QOL)を高めるには、医療・サービスを自ら選択でき、病院だけでなく自宅や住み慣れた地域で享受できることが欠かせません。

2期目となる今回は、在宅医療のなかでも「地域包括ケア」「健康管理支援」「増悪予防」などの領域で患者さんのQOLをさらに高めるためのご提案をお願いしたいと考えています。昨年に引き続き、共同事業などの展開を視野に入れ、イノベーション創造支援のアドライトと在宅医療のリーディングカンパニーの帝人ファーマがビジネス創出を推し進めます。

当日、プログラムの紹介に加え、昨年度本プログラムで採択されたスタートアップ3社とのパネルディスカッションをおこないます。プログラムのイメージや帝人ファーマとの協業のイメージを把握するのに最適な機会となっております。

沢山のご参加お待ちしております。

<こんなベンチャーの皆さんにおすすめ!>
・医療業界の知見を活かした新しい事業創出に挑戦したい
・ヘルスケア領域に進出したい
・大手企業と組んでのオープンイノベーションを実現させたい
・アクセラレータープログラムで事業を加速させたい
・会社としての信用度を上げたい

 

イベント概要

日時:2020/8/19 (水)17:00〜19:00
対象:シード〜レイターステージのベンチャー(業界不問)
参加費:無料


主催:帝人ファーマ株式会社、株式会社アドライト

 

<関連情報>

在宅医療QOLコラボレーション:帝人ファーマ×アドライト アクセラレータープログラム特設サイト
https://tp-accelerator-program.com/

 

<プログラム連動記事>


【TechCrunch Japan】迫る「2025年問題」。超高齢社会の課題を解決するイノベーションとは


【TOMORUBA】在宅医療で社会課題を解決する――フロントランナーの帝人ファーマがスタートアップと起こすイノベーション

 


タイムテーブル

17:00 開始

17:05 会社概要
   帝人ファーマ株式会社
   研究開発技術本部・中川誠

17: 15「在宅医療QOLコラボレーション:
   帝人ファーマ×アドライト アクセラレータープログラム」のご紹介
   帝人ファーマ株式会社
   在宅医療企画技術部門 在宅医療事業創造部
   担当課長・今川智史

17:35 質疑応答

17:40 「昨年度採択スタートアップが語る、プログラム挑戦の意義」
   パネラー:
   ・帝人ファーマ株式会社
    在宅医療企画技術部門
    在宅医療事業創造部長・大西秀忠
   ・AMI株式会社 代表取締役・小川晋平
   ・株式会社キママニ 代表取締役・村上遥
   ・エーテンラボ株式会社 Founder 代表取締役 CEO・長坂剛
   モデレーター:
   ・株式会社アドライト 代表取締役・木村忠昭

18:20 質疑応答

18:30 相談会(Remo使用)

19:00 終了

 

【登壇者】

帝人ファーマ株式会社
研究開発技術本部在宅医療企画技術部門 在宅医療事業創造部 在宅医療企画技術部門長・中川誠
帝人ファーマの研究開発技術本部で、在宅医療機器の研究開発企画、開発プロジェクトマネジメント、バイオデザイン手法による医療イノベーション創出、ベンチャー企業との共同研究開発、医療機器の承認申請・認証申請、海外医療機器製造所の立上げなど幅広い事業に従事

 

帝人ファーマ株式会社
在宅医療企画技術部門 在宅医療事業創造部長・大西秀忠
帝人ファーマの在宅医療企画技術部門にて、在宅医療機器事業の企画開発、米国を中心とする医療機器ベンチャー企業との提携や新規事業の企画・立上げに従事。また、2014年からは、ITを活用したヘルスケアサービスの企画・立案・開発業務(ウェブサイト、スマホアプリ)にも従事。

 

帝人ファーマ株式会社
研究開発技術本部 在宅医療企画技術部門 在宅医療事業創造部 担当門長・今川智史
帝人にて、防護衣料や産業資材等に関わる商品開発や製造プロセス開発、医療機器の開発に従事。また、大学発ベンチャーを含む社外との新規ヘルスケアビジネスの企画・立案・共同開発に複数参画し、健康情報サイトの企画・運営・プロモーションならびに本業務を担う会社の運営にも従事。2019年より現職。

 

AMI株式会社
代表取締役CEO 小川晋平
2015年11月にAMI株式会社を設立し代表取締役CEOに就任。 循環器内科医。 心疾患の診断をアシストする聴診器「超聴診器」を開発中。遠隔聴診をコア技術にした「クラウド健進®」の実用化に向けても取り組んでいる。2019年11月Home Healthcare Award受賞。その他の主な受賞歴は第11回KDDI∞ラボ最優秀賞、第1回メドテックグランプリKOBE最優秀賞、C-startup Pitch最優秀賞など。2020年7月にはNEDO AIチップ開発加速のためのイノベーション推進事業に採択され研究開発を加速させている。

 

株式会社キママニ
Founder / CEO 村上遥

ソフトウェアエンジニアとして、10年以上のサーバサイド開発経験や複数のiOSアプリを独自に開発・リリースした経験を持つ。会社員時代はマネージャーとしてアプリやウェブの開発チームをリードし、売上にも貢献した。ストレスマネジメントのために独自で開発した KibunLogアプリのユーザーの声をきっかけに、 IT側から医療の課題に取り組む必要性や可能性を感じ、キママニを創業。

 

エーテンラボ株式会社
代表取締役CEO 長坂剛

1982年静岡県生まれ。神奈川県立湘南高校卒業、2006年東京工科大学 メディア学部卒業後ソニー(株)に入社。
B2Bの営業やプレイステーションネットワークのサービス立ち上げに従事。ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program」から
独立しA10 Lab Inc.を創業。

 

株式会社アドライト
代表取締役 木村 忠昭
大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務に従事。2008年、イノベーション共創を手掛ける株式会社アドライトを創業。合わせて国内スタートアップ企業へ社外役員就任によるハンズオン支援を行い、うち5社(ユーグレナ、じげん、クラウドワークス、エスエルディー、マネーフォワード)が上場を果たす。アジアやアメリカの海外スタートアップ企業の支援にも積極的で、これまでに20社以上の投資育成を行いうち3社が買収される。これら国内外スタートアップの知見やネットワークを活かし、大手企業のオープンイノベーションにおける一気通貫での事業化支援を得意とする。主要な国立/私立大学との産学連携プロジェクトの支援実績も豊富。東京大学経済学部経済学科、東京大学大学院経済学研究科修士課程卒業。

 

開催予定・登壇予定イベント

過去のイベントレポート

過去に開催・登壇した国内外のイベントのもようをお知りになりたい方は、こちらよりご覧ください。

more

NEWSLETTER

イベント情報や最新記事等お届けします。
希望される方は登録ボタンを押下ください。