fbpx

EVENTSイベント情報

  • HOME
  • イベント情報
  • 【1/31(水)オンラインイベント】カーボンニュートラルやESGの最新トレンド!COP28報告とこれからの潮流

2024.01.31

  • 新規事業
  • グローバル
  • オープンイノベーション

【1/31(水)オンラインイベント】カーボンニュートラルやESGの最新トレンド!COP28報告とこれからの潮流

【カーボンニュートラルやESGの最新トレンド!COP28に全会期参加したアスエク市川氏が登壇】

現在、1.5℃目標と2050年のネットゼロを目指して、世界中で待ったなしの取組が進められています。
その中でも重要な役割を果たすのが、年に一度、気候変動枠組条約の参加国が世界中から集まって行われる、「国連気候変動枠組条約締約国会議(COP)」(英語ではUnited Nations Climate Change Conferenceまたは Conference of the Parties of the UNFCCC)です。
COPには、関係する国々のキーマン、政府関係者、企業関係者、NPO/NGO関係者などが毎年参加し、過去にもこのCOPで重要な世界的合意がなされてきました。
 
その第28回目となるCOP28が、昨年の2023年11月30日〜12月12日にアラブ首長国連邦ドバイのEXPO Cityで開催されました。
COP28全体で大きなテーマとなった化石燃料からの脱却についての一定の合意がなされたほか、再エネや省エネの基準においても目標のすり合わせが行われました。
日本政府は、公式なエリアであるブルーゾーン内にJAPAN PAVILIONを構え、選抜された日本の大手企業による脱炭素や環境ソリューションを展示・アピールした他、
会期中にはJAPAN PAVILION内で経団連はじめ多数の講演やセッションが行われました。
環境省のJAPAN PAVILIONの公式ウェブサイトはこちら
 
また、更に開かれたグリーンゾーン内のSTARTUP VILLAGEにおいては、日UAE先端技術調整スキームの枠組みにおいて、計10社の国内クライメートテック関連スタートアップ企業の出展も行われました。

今月のSUITzウェビナーでは、昨年末に開催されたCOP28に全会期参加されたアスエク市川氏を迎えます。
市川氏は、商社時代にドバイに4年間駐在しエネルギー関係の事業に携われた後、株式会社アスエクを創業され、ESG戦略策定などに取り組まれています。
今回ドバイにて開催されたCOP28も全会期に渡り参加され、主要なセッション・JAPAN PAVILIONはじめ、関係者との会合にも積極的に参加されました。

今回のウェビナーの前半は市川氏によるCOP28の全体概要と合わせて、その中でも大きなテーマとなったAI、カーボンクレジット、食料システムの3テーマを取り上げ、それらが企業活動に与える影響について触れていきます。各テーマの概要は以下になります。

AI: GoolgeとMicrosoftが貢献を目指す、AIを活用した気候変動対策。高い予測と無駄を徹底的になくすことは、GHG排出量の削減に大きくつながる。
カーボンクレジット: 非国家セクター主導で、カーボンクレジットとの新しいプリンシパルを普及。テクノロジーもフル活用しながら、炭素市場のテコ入れと成長に期待。
食料システム: 気候変動対策と農業・食料システム強化の両立を図る「エミレーツ宣言」が採択。 自然の保護&回復 x 持続可能な食料安全保障 x イノベーションに期待。

後半は、同じくCOP28に現地参加したアドライト木村を交えて、パネルディスカッションを実施します。
ネットやメディアでは語られていない、COP28の現地会場(ドバイ)での状況やインサイト、関係者の動向など合わせて、
これからの日本企業の事業機会や潜在リスクを探っていきます。
カーボンニュートラルやESGの最新トレンドはもちろんのこと、環境領域での新産業創出に興味のある皆さまのご参加をお待ちしております。

※当日の予定が合わない方向けにアーカイブ配信も実施予定です。

<こんな人へおすすめ!>
・脱炭素やカーボンニュートラルの最新トレンドを知りたい企業の方
・ESGやSDGsなどの対応すべき課題や規制の今後の動向を知りたい上場企業の方
・環境文脈において、AI、カーボンクレジット、食料システムが企業活動に与える影響を知りたい方
・環境領域での新産業創出に興味のある企業の皆様
・クライメートテック関連の事業に取り組む事業会社・スタートアップの皆様

<「COP28レポート」のご案内>
本ウェビナーの最後に、COP28レポート(有料)の案内を行います。
株式会社アドライト監修の元、本ウェビナーで取り上げたCOP28の全体概要や、AI、カーボンクレジット、食料システムが企業活動に与える影響について深堀して解説する他、
COP28参加のクライメートテックスタートアップの紹介、日本政府の動向紹介や先進企業の事例紹介なども合わせて提供いたします。
また、本テーマに関連する内容の個別企業向け講演やワークショップも承っております。
詳細についてご関心ある方は、本ウェビナーにご参加頂くか、個別に弊社アドライト宛ご連絡ください。

イベント概要

日時:2024年1月31日(水)17:00-18:00
場所:オンライン
参加申し込み方法:お申込みページ(Peatix)より必要情報を記載の上、お申込みください。
参加申し込み期限:ウェビナー当日開催前まで
参加費:無料

※同業他社等のご参加はご遠慮いただく場合がございます。予めご了承ください。
※無料でアーカイブ配信あり(1週間)

<タイムテーブル>
17:00 – 17:10 イントロダクション・SUITz活動紹介
17:10 – 17:40 市川氏講演
17:40 – 17:55 ディスカッション・質疑応答
17:55 – 18:00 COP28レポートの案内・クロージング

<登壇者>

市川 隆志 氏
株式会社アスエク 代表取締役
一般社団法人Green innovation パートナー

総合商社で金属資源、エネルギー及びサステナビリティ推進に従事。サステナビリティ推進では、世界標準に合わせた経営戦略やESGに対する戦術策定、企業の非財務情報格付けを行うESG評価機関や社内関係部署とのコミュニケーションを担当。2020年に株式会社アスエクを創業し、代表取締役に就任。上場企業中心に企業のプロジェクトチームと伴走し、TCFD提言に沿ったシナリオ分析、非財務におけるマテリアリティ特定やCDP・ESG評価機関対応支援を実施。

<モデレーター>

木村 忠昭
株式会社アドライト 代表取締役

大学院卒業後、大手監査法人に入社し、株式公開支援業務に従事。2008年、イノベーション共創を手掛ける株式会社アドライトを創業。合わせて国内スタートアップ企業へ社外役員就任によるハンズオン支援を行い、うち5社(ユーグレナ、じげん、クラウドワークス、エスエルディー、マネーフォワード)が上場を果たす。 アジアやアメリカの海外スタートアップ企業の支援にも積極的で、これまでに20社以上の投資育成を行いうち3社が買収される。これら国内外スタートアップの知見やネットワークを活かし、大手企業のオープンイノベーションにおける一気通貫での事業化支援を得意とする。主要な国立/私立大学との産学連携プロジェクトの支援実績も豊富。東京大学経済学部経済学科、東京大学大学院経済学研究科修士課程卒業。


——————————————

【アドライトについて】
アドライトでは、オープンイノベーションによる新規事業創出や社内ベンチャー制度構築、イノベーター人材育成等、事業化の知見や国内外ベンチャーのネットワークを活かした事業創造支援を展開。事業会社だけでなく、国の行政機関や主要自治体とも連携し、未来へと続く事業を共創している。直近では、脱炭素・GX(グリーントランスフォーメーション)・クライメートテック領域に注力し、同領域に関心のある事業会社や地方自治体との共同プロジェクトを多数進めている。

【イベントに関するお問い合わせ・取材申し込み】
株式会社アドライト イベント担当
https://www.addlight.co.jp/contact/events/
Tel:03-6823-1270(平日10:00〜19:00)

 

お申込みはこちら

開催予定・登壇予定イベント

3

/

26MAR

  • 新規事業
  • グローバル
  • スタートアップ
  • オープンイノベーション

SUITzTOKYO採択企業25社が登壇!クライメートテック最新ビジネスモデルの現在地

MORE

過去のイベントレポート

過去に開催・登壇した国内外のイベントのもようをお知りになりたい方は、こちらよりご覧ください。

more